交通事故の被害相談 by 弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

交通事故被害相談@名古屋駅

後遺障害診断書を書いてもらうタイミング

1 後遺障害診断書って?

交通事故によって怪我をした場合は,整形外科,耳鼻科,形成外科,脳神経外科など病院にかかることになり,治療を受けていくことになります。

そして,治療を継続した結果,完治(症状が完全に治った場合)するケースもあれば,他方,症状が残存するものの治療の効果があらわれず,症状固定されるケースがあります。

このうち,医師より症状固定と診断された場合は,通常,後遺障害の申請をしていくことになります。

この後遺障害申請の際に,必要不可欠な資料が「後遺障害診断書」になります。

なお,その他交通事故証明書,診断書・診療報酬明細書,画像などの資料も必要となってきます。

2 後遺障害診断書の記載内容

ところで,後遺障害診断書には,どのようなことが記載されるのでしょうか。

氏名や住所のほか,受傷日時,症状固定日,傷病名,自覚症状(症状固定時に残存している症状を記載してもらいます。),他覚症状および検査結果(レントゲン検査やMRI検査などの結果を記載してもらいます。),上肢・下肢および手指・足指の障害(可動域制限による後遺障害の認定に際しては,「他動値」が参考にされます。)などが記載されます。

繰り返しになりますが,後遺障害診断書は,後遺障害申請に際して必要不可欠の資料になり,後遺障害の有無を判断する機関は,後遺障害診断書に記載された内容などを基にして判断してきます。

そのため,後遺障害診断書にどのように記載されるかはとても重要です。

3 後遺障害と損害額

そもそも,後遺障害と認定されるとどうなるのでしょうか。

身体に対する損害は,傷害部分と後遺障害部分に分けることができます。

自賠責保険より後遺障害と認定された場合は,通常,示談交渉や裁判に際して,傷害部分だけではなく後遺障害部分も含めて賠償を受けられることになります。

たとえば,自賠責保険より後遺障害14級9号と認定された場合は,通常,後遺障害慰謝料(赤本基準110万円),後遺障害逸失利益が賠償の対象となってきます。

4 さいごに

弁護士法人心・名古屋駅法律事務所は,交通事故を担当している弁護士が所属しており,名古屋駅より徒歩圏内にございます。

まずは,お気軽にご相談ください。

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

交通事故によるケガが治りきらなかった時に

交通事故でケガをされた場合は治療を受けるかと思いますが,程度によっては治療を受けても治りきらないことがあります。

そのように症状が残ってしまった場合,適切な損害賠償を受けるためには,後遺障害の申請をすることが必要です。

こちらのページでは,名古屋にお住まいの交通事故被害者の方に向けて,その時に必要となる「後遺障害診断書」の説明をしております。

症状が残ってしまわれた方はもちろんですが,交通事故のケガの治療を受けている最中の方もぜひ一度ご覧ください。

「もしも症状が残ってしまったら」ということなどあまり考えたくないかもしれませんが,後遺障害が適切に認められるかどうかで賠償金額が大きく変わることがありますので,万が一の時に適切に認められるようしっかりと準備しておく必要があります。

申請についてのご相談は,弁護士法人心名古屋駅法律事務所にご相談ください。

当法人では,後遺障害申請チームを結成し,集中的に申請にあたっています。

そのため,これまでに数多くの申請を担当し,ノウハウを蓄積してまいりました。

交通事故の案件はお電話での全国対応ができますし,名古屋駅法律事務所は名古屋駅から近いところにありますので,症状がつらい方にも弁護士にご相談いただけるかと思います。

お問合せ・アクセス・地図へ