交通事故の被害相談 by 弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

交通事故被害相談@名古屋駅

後遺障害認定後の結果に納得できなければ弁護士へご相談

1 認定手続

長期間の治療にもかかわらず,最後まで症状が残ってしまった場合,そのすべてについて賠償が受けられるというわけではありません。

認定機関への申請を経て,等級が認められた場合に,初めて後遺障害として,等級に応じた賠償を受けることができます。

等級は,1級から14級までの14段階です。

2 事前認定と被害者請求

交通事故にあった後は,多くの場合,相手方が加入している任意保険会社に治療費を支払ってもらい,その後申請手続きに進みます。

事前認定とは,この申請手続きを相手方保険会社が先行して行うものです。

メリットとしては,手続的負担の軽さが挙げられますが,デメリットとして,こちらで申請書類の確認や,資料の取捨選択ができないことが挙げられます。

被害者請求の場合,被害者主導で行うため,事前認定と比較するとやや手続的な負担がありますが,申請準備を十分に行うことで,適切な等級認定の可能性を上げられる場合があります。

3 等級認定後

認定後は,それですべて終わりというわけではありません。

「後遺症が残ったのに等級認定が受けられなかった」,「低い等級しか認定されなかった」などのように,結果に不服がある場合には,再度申請することができます。

これを「異議申立」といいます。

異議申立は,一度出た結果を覆す手続きですので,簡単にはいきません。

なんらの追加資料もなく,ただ反論しただけでは,結果は変わりません。

しかも,いい加減な異議申立をした後,再度異議申立を行っても,1度目の異議申立以上に覆る可能性が低くなってしまいます。

そうすると,いい加減な異議申立はすべきでないといえます。

異議申立は,認定結果に対して,どこが不当なのかを的確に把握し,それに対する適切な反論が必要となります。

それだけではなく,追加資料の準備も必要となります。

どのような点に対してどのような反論をすればよいか,どのような追加資料を提出すればよいかなどは,専門的な知識が要求されるといえます。

等級認定後,結果に納得のいかない方は,是非,後遺障害認定に強い弁護士に相談することをお勧めします。

弁護士法人心名古屋駅法律事務所は,後遺障害の認定機関出身者を含めた後遺障害チームを作るなどしており,後遺障害に関しては特に自信があります。

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ