交通事故の被害相談 by 弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

交通事故被害相談@名古屋駅

後遺障害が認定されるには 認められるためのポイントを押えた請求方法

1 認定手続について

交通事故の被害者が,後遺障害による補償を受けるためには,自賠責保険において等級認定を受ける必要があります。

自賠責保険においては,損害賠償額の支払についての制度の一環として,損害保険料率算出機構及びその下部機構である自賠責損害調査事務所による等級認定手続が整備されています。

認定申請の方法は,大きく分けると,任意保険がいわゆる一括対応を行う中で,認定申請を被害者の代わりに行う事前認定手続と,被害者自らが自賠責保険に対して認定申請を行う被害者請求による方法とがあります。

2 認められるためのポイントとは

医師により後遺症診断書が出ている以上,いずれの手続によっても適切に等級が認定されると思いがちですが,実際は違います。

事前認定による方法は,いわば加害者側の立場である任意保険会社が申請を行う以上,透明性に欠ける手続きとなることは否めません。

そのため,適切な等級が認められるには,被害者請求の方法によるべきものといえます。

実際の手続きは,医師から後遺症診断書を発行してもらい,交通事故証明書,診断書,診療報酬明細書,事故発生状況報告書,印鑑証明等の必要書類を取り寄せて,加害車両が加入している自賠責保険会社に送付する方法で行います。

等級が認められるには,後遺症診断書にどのような記載がなされているのかが大きく影響を与えますので,申請前には,認定申請に詳しい弁護士等の専門家が内容を確認することが望ましいといえます。

また,事故証明書が人身事故となっているか,事故発生状況報告書の記載事項が正確になされているか等,認定権者の認定に影響を与えかねない事項についても,専門家が事前に細かくチェックすることが望ましいといえます。

漫然と書類をそろえて申請するだけでは,本来獲得できるはずの等級が獲得できず,十分な補償を受けられないことにもなりかねません。

適切な等級が認定されるには,押えておくべきポイントがいくつもありますので,後遺障害の申請をお考えの方は,ぜひ当法人にご相談ください。

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

等級申請についてもご相談ください

交通事故によるケガの後遺症が残ってしまっても,残念ながら必ずしもそれが認定されるとは限りません。

場合によっては,交通事故後,治療を受けて症状が残っているにもかかわらず後遺障害として認められなかったり,あるいは認められたとしても実際の症状に適さない,低い等級になってしまったりすることもあります。

そうならないためにも,後遺障害はできるだけ保険会社に任せきりせずに被害者請求の形で請求し,かつ,交通事故に詳しい弁護士に手続きをサポートしてもらうようにしましょう。

当法人の名古屋駅法律事務所や,同じく名古屋にあります本部にも,交通事故に詳しい弁護士が所属しております。

当法人の名古屋駅法律事務所の等級申請サポートに関しましては,より詳しくご紹介できるようこちらの交通事故のサイトとは別に専用のサイトも設けておりますので,交通事故によってケガをされた方はそちらもぜひご覧ください。

交通事故直後,まだケガがどうなるかわからないということでご相談をためらわれる方もいらっしゃいますが,適切な賠償を受けるために気をつけるべきことは色々とありますので,ぜひお早めにご相談いただければと思います。

お電話での交通事故相談であれば,名古屋だけでなく全国対応も可能ですので,お気軽にご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ