交通事故の被害相談 by 弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

交通事故被害相談@名古屋駅

後遺障害の被害者請求に必要な書類や期間・やり方の相談は弁護士

1 後遺障害の等級認定手続の種類

後遺障害の等級認定手続には,事前認定手続と被害者請求手続があります。

  1. (1) 事前認定手続について
    1. ア 意義

      これは,加害者側の保険会社が,被害者に代わって,後遺障害の等級認定に必要書類等を集め,申請を行うやり方です。

    2. イ 事前認定手続の大きな問題点

      この手続では,本来,被害者と敵対する加害者側の保険会社が行うことから,被害者に不利な書類が提出されてしまうことも多いようですので,注意が必要です。

    3. ウ 保険会社の対応に要注意

      事故から約6ヵ月程度経過すると,加害者側の保険会社から,「後遺障害等級認定についてご説明します・・・」,「通院先の医師へ後遺障害診断書の作成を依頼して下さい」などと記載した書類が送られてくることがあります。

      あたかも,当然,行わなければならない手続かのように送られてきますが,まだ痛みが残っていたり,治療期間が不十分であるにもかかわらず,保険会社の言いなりになってしまうと,適正な後遺障害の等級が認定されないことが多々あります。

      このような書類が送られてきた場合は,必ず弁護士に相談しましょう。

  2. (2) 被害者請求手続きについて
    1. ア 意義

      これは,被害者の方が自ら後遺障害の等級認定に必要な申請を行うやり方です。

    2. イ 被害者請求手続のデメリット?

      被害者請求の場合,被害者の方が申請に適切な期間を見極め,必要な書類を提出するなどといったデメリットも考えられますが,後遺障害申請に詳しい弁護士に依頼すれば,このような専門的な判断や,煩雑な手続は代わりに行ってもらえます。

      したがって,それほどデメリットはありません。

2 後遺障害申請に強い専門家の選び方

  1. (1) 行政書士の注意点

    行政書士のなかには,後遺障害申請手続きを行っている方もいるようです。

    ただ,行政書士は,弁護士と異なり,裁判手続を行うことができませんので,訴訟を見据えて適正な後遺障害診断書を作成する,といったことは通常できません。

    また,保険会社との示談交渉もできませんので,後遺障害申請の認定結果が出た後,結局,弁護士に示談交渉を依頼することになってしまい,二重にコストがかかることになります。

    行政書士の場合は,後遺障害申請は行政書士,示談交渉は弁護士,などと分けなければならないため,後遺障害申請費用も割高な場合が多いようです。

    一方で,弁護士は,後遺障害申請はもちろん,示談交渉や訴訟など,すべての法律行為を一括して受けられますので,割安な場合が多いようです。

    最近は,ホームページに料金表を載せている事務所も多いので,ご自身で比較されてみることをお勧めします。

  2. (2) 後遺障害申請に強い弁護士の選び方

    同じ弁護士であっても,得意な分野と不得意な分野があります。

    後遺障害の申請は,必要書類の集め方,申請までの治療期間,後遺障害等級の見立て,非公表となっている認定基準の具体的な推認など,弁護士によって大きな差があります。

    最近では,交通事故の相談であれば無料で受け付けている事務所も多いですので,詳しく質問したり,セカンドオピニオンを利用されることもよいでしょう。

    ご自身で納得した事務所に依頼されることをお勧めします。

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

ケガが治らなかった場合

交通事故によるケガの症状が,治療をしても治らなかったら。

そういったことは交通事故治療中にはあまり考えたくないことかもしれませんが,実際に起こりえることです。

万が一交通事故のケガの後遺症が残ってしまったら,その分の賠償もしてもらう必要があります。

その時に重要になるのが,後遺障害の等級認定手続です。

当ページにありますように,事前認定と被害者請求では,同じ交通事故の同じ症状でも,時に認定される等級が変わってしまう場合があります。

かといって自分で申請を行うというのも,交通事故後お忙しい中では難しいかと思います。

そのような時には,後遺障害の等級申請にも力を入れている当法人にご相談ください。

名古屋に本部がある当法人では,これまで数多くの交通事故を取り扱ってきており,常に交通事故や等級申請に関する最新の情報収集も行っておりますので,賠償金額の交渉や適切な等級申請には圧倒的な自信があります。

賠償金額や等級の診断は無料でしていただけますし,弁護費用特約がついていない方の場合でも,交通事故の相談料・着手金は原則無料で,成功した時にはじめて費用が発生する仕組みとなっておりますので,名古屋で交通事故の被害にあい,お悩みがある方に,安心してご利用いただけます。

お悩みがある方は,名古屋駅法律事務所まで,ぜひお気軽にご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ