交通事故の被害相談 by 弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

交通事故被害相談@名古屋駅

後遺障害の被害者請求をするなら弁護士へ相談

1 後遺障害とは

事故により怪我をしてしまい,治療を続けたとしても,残念ながら完全には治らないことも多くあります。

この完全には治らなかった部分は,交通事故によって残ってしまった後遺症ということができます。

しかしながら,この後遺症が交通事故についての損害賠償の対象となるためには,後遺障害として認定を受ける必要があります。

つまり,損害保険料算出機構の内部組織である自賠責損害調査事務所により,等級の認定がされた後遺症を「後遺障害」と言います。

後遺障害が認められると,その後遺障害についての慰謝料や逸失利益について賠償を受けることができることから,その認定の有無は示談交渉において非常に重要な意味を持ちます。

2 後遺障害の等級認定の流れ

自賠責損害調査事務所による認定を受けるための申請の手続きは2つあります。

それが,事前認定と被害者請求とよばれるものです。

自賠責損害調査事務所による判断は,原則として書面で行われます。

そして,事前認定とは,保険会社を通じて,自賠責損害調査事務所に書面や検査結果などのわかる資料を提出する方法です。

ですから,被害者は,保険会社が認定のために必要な資料を全て提出しているかどうかを確かめることができません。

保険会社は,被害者に高い等級が認定されれば,それだけ多くの賠償をしなければならなくことから,必ずしも,等級認定のために必要な資料を全て集めて提出するとは限りません。

一方,被害者請求とは,交通事故の被害者が自分自身で,自賠責損害調査事務所に資料を提出する方法です。

3 弁護士に相談するメリット

被害者は,等級の認定を受けるために必要な書面や資料がどういうものかは知らないことが通常です。

そこで,弁護士に相談する必要が出てくるわけです。

交通事故に精通している弁護士であれば,等級の認定がなされるために,必要な書面や資料がどういうものかを理解しており,適切な資料の収集を行い,自賠責損害調査事務所に対して申請するということが可能になります。

保険会社に任せておけば,手間もかからず手続きは進むことになりますが,適切な認定を受けるために,弁護士に相談してみてください。

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

請求をする前にご相談ください

後遺症,という言葉を聞いたことはあっても,実際に自分に後遺症が残るかもしれないと考えたことがある方は少ないのではないでしょうか。

交通事故によるケガは,時に治りきらず,後遺症になってしまうこともあります。

そうならないように交通事故後早くから適切な治療を受けるのはもちろんですが,万が一残ってしまった時の対応も知っておきましょう。

当ページでは,後遺障害の被害者請求についてご説明をしておりますので,ぜひお読みください。

この請求方法を知らずにいると,交通事故の相手方の保険会社に申請を任せきりにしてしまい,被害者請求の場合よりも低い等級がついてしまうおそれもあります。

適切な等級を認めてもらうためにも,任せきりにはしないようにしましょう。

とはいえ,交通事故後に自分で何もかも準備をするというのは大変ですし,方法が間違っていないかと不安になってしまうこともあるかと思います。

当法人では交通事故はもちろん,後遺障害の申請についても力を入れておりますし,多くの経験がありますので,安心してお任せいただけます。

名古屋駅法律事務所では等級認定に関する専用のサイトもご用意しておりますので,名古屋でケガの症状が残ってしまった方,症状の改善に不安がある方などは,一度目をお通しいただければと思います。

症状が残っているとお車の運転に不安がある方もいらっしゃるかもしれませんが,名古屋駅法律事務所は名古屋から徒歩30秒という立地ですので,ご来所いただきやすいかと思います。

お問合せ・アクセス・地図へ