交通事故の被害相談 by 弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

交通事故被害相談@名古屋駅

後遺障害等級14級の慰謝料増額は出来る?

1 後遺障害等級14級に対する自賠責保険の金銭的補償

後遺障害認定の申請をし,等級認定が認められた場合,自賠責保険会社から,等級に応じた金銭の支払いを受けることができます。

14級の場合,75万円を上限として支払いを受けることができます。

この75万円は,後遺障害慰謝料と逸失利益をまとめた額となっています。

2 後遺障害慰謝料

後遺障害が残った場合,被害者は,その生涯を一生抱えて生きていかなければなりません。

このような生活を強いられることになるという精神的苦痛を金銭に換算したものが後遺障害慰謝料です。

自賠責保険では,後遺障害慰謝料として32万円が認められています。

3 逸失利益

逸失利益とは,後遺障害が残ってしまったことにより減額すると見込まれる収入のことを言います。

自賠責保険では,後遺障害等級14級について,43万円が逸失利益として認められることになります。

4 弁護士が介入した場合

この場合には,後遺障害慰謝料も,逸失利益も,弁護士基準に基づいて計算されることになります。

まず,後遺障害慰謝料については,110万円が基準となります。

これは裁判した場合の金額ですが,一部譲歩して合意する示談の場合でも,90万円~100万円程度になる可能性があります。

逸失利益については,本人の事故前年度の年収を基礎に,14級の場合の労働能力喪失率5%,労働能力喪失期間3年~5年という考え方をもとに計算をしますが,おおむね30万円~150万円程度になることが多いです。

そうすると,弁護士が介入したことによって,100万円以上増額する可能性があることになります。

さらに,弁護士が介入した場合には,後遺障害慰謝料とは別に,入通院慰謝料についても,弁護士基準をベースにした示談交渉となりますので,増額の可能性があります。

他方,これはあくまで「弁護士基準」ですので,被害者ご本人による交渉では,弁護士が介入した場合ほど増額されることはなかなかありません。

5 まとめ

後遺障害が残るような重い怪我をされた方の場合,それだけきちんとした賠償を受ける必要がありますが,加害者側の保険会社は必ずしも適正な賠償額を提示してきません。

後遺障害慰謝料,逸失利益について,自賠責保険で認められた75万円を示談案として提示してくることさえあります。

示談案がはたして妥当であるのか,一度弁護士にご相談することをお勧めします。

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

ご負担を少なくしています

当ページにありますように,弁護士が介入することにより交通事故の賠償金額は増額される場合があります。

ですが,「依頼することで,それ以上に費用がかかってしまうのではないだろうか」と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

当法人ではそのようなことが起こらないよう,弁護士費用特約がある場合にはそれをご利用されてご依頼いただけるようにしておりますし,特約がない場合でも,交通事故案件はご相談料・着手金が原則無料となっております。

もちろん,費用のことについてはご相談の際にもしっかりとご説明しておりますので,安心してご相談いただければと思います。

費用については詳しく説明しているページがありますし,当法人がこれまでに取り扱ってきた交通事故案件とその結果についても,その一部を「解決実績」のページにまとめておりますので,当法人の名古屋駅法律事務所などにご相談をお考えの方は,一度ご覧ください

当法人の名古屋駅法律事務所は,お車での移動が難しい方でも,電車で名古屋駅まで移動していただければ,駅を出て徒歩30秒でご来所いただけます。

名古屋に来ることも難しい場合,交通事故・後遺障害についてはお電話でもお話をお聞かせいただけますので,交通事故のケガや交通事故対応などでお悩みの方はお気軽にご予約ください。

当法人の本部があります名古屋市は,人や物の移動が多く,交通量も全国的にみて多い方の上位に入ります。

交通量が多いため,その分,交通事故の発生件数も上位であります。

名古屋市を車で運転していますと,事故直後の現場を目にすることも珍しくありません。

交通事故に遭われてしまいますと,車両本体だけではなくお体に怪我をされることもあります。

不幸にして怪我の程度が重く,治療を続けてもこれ以上良くならないと医師の方が判断される場合は,後遺障害が残ってしまうということになります。

事故に遭われてしまった場合,加害者側に治療費や慰謝料等を請求ことになりますが,後遺障害が残ってしまった場合は,それについても考慮して請求することが可能です。

入院や通院の期間によって決められる「傷害慰謝料」という名目のほか,「後遺障害慰謝料」として等級ごとに別途考慮されます。

被害者本人の後遺障害の等級が14級だった場合,「後遺障害慰謝料」として110万円をベースに話し合いが行われます。

あくまでも基本の額ですので,裁判前の示談ですと相手方からの示談提示として110万円の8~9割の提示があることもあります。

後遺障害にはそのお怪我・症状の具合によって,自動車損害賠償保障法(以下,自賠法)施行令により第1級から第14級まで後遺障害の内容により分別されています。

損害保険料率算出機構による後遺障害審査の結果,後遺障害の等級が認定されることとなります。

後遺障害の等級認定には専門的かつ高度な知識が必要不可欠であり,当法人にお任せいただければ認定に向けての必要な申請準備や画像データなど医療機関から必要書類の取り付けをさせていただくことも可能です。

事故に遭われた場合の解決までの今後の流れ,妥当性の判断など,疑問に思う点がおありでしたら,お客様に納得いただくことができるように対応を心掛けておりますので,事前にご予約のお電話を入れていただき,当法人にご相談のご検討いただければと思います。

お問合せ・アクセス・地図へ