交通事故の被害相談 by 弁護士法人心 名古屋駅法律事務所

交通事故被害相談@名古屋駅

治療費の一括対応

「治療費の一括対応」がいかなるものであるのかを理解するためには,その前提として,損害賠償の基本的な仕組みと,自動車保険の制度について理解しておく必要があります。

まず,交通事故の被害に遭って,不幸にもお怪我をされてしまったことによって,病院や接骨院などの治療期間で治療を受ける必要がでてしまった被害者の方については,本来事故がなければ支払う必要のなかった治療費を支払う必要がでてしまうことになります。

本来事故さえなければ,この治療費は支払う必要がなかったわけですから,この治療費は,交通事故によって新たに生じた「損害」として原則的に加害者が損害賠償をしなければならないことになります。

もっとも,加害者が損害賠償をしなければならないといっても,支払い能力の一切ない加害者が交通事故を起こしてしまったような場合には,法律上いくら損害賠償請求権があるからといって「ない袖はふれない。」の一言で,現実的に加害者から賠償金を獲得する方法はないことになってしまいます。

とはいえ,それでは被害者が困ってしまいますので,法律上自動車を運転する者には,自動車損害賠償責任保険(以下,「自賠責保険」といいます。)に加入することが義務付けられています。

加害者が自賠責保険に加入していれば,加害者にお金がなくても,ひとまず被害者に対して治療費の支払いや慰謝料の支払いを自賠責保険が加害者に代わっておこなってくれます。

もっとも,自賠責保険はあくまでも自賠責保険の基準金額で,例えばお怪我の治療費等に関しては上限120万円までしか支払われません。

その範囲を超えるような重症のケースでは,やはり加害者本人に残額を請求することになり,加害者にお金がないときには上記と同様の問題がおこります。

そこで,通常,自賠責保険の金額を超える損害賠償にも対応できる任意の自動車保険(以下,「任意保険」といいます。)に加入することが一般的です。

では,加害者が自賠責保険と任意保険の両方に入っている場合,実際の治療費の賠償はどちらが優先して行うのでしょうか。

理論的には,まず自賠責保険が治療費を支払い,それでも不足があった場合に,任意保険が支払うことになります。

しかし,現実には,まず任意保険が自賠責保険の負担するべき部分もまとめ立て替えて支払ってしまうことがよく行われています。

任意保険は,先に被害者本人や被害者が治療を受けている病院に直接治療費を払い,その後に,本来自賠責保険が支払うべき治療費をこれだけ任意保険が支払ったので,自賠責保険は任意保険に治療費分を支払ってくださいと請求をします(いわゆる加害者請求)。

この治療費の支払いを,ひとまず自賠責保険に代わって任意保険が窓口になって一括して立て替えることが「治療費の一括対応」です。

名古屋で交通事故に遭われた際は,ぜひ一度,弁護士法人心までご相談ください。

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

選ばれる理由へ解決実績へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お役立ち情報トップ

損害賠償金(示談金)

閉じる

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ