心が誇る3つのポイント

事件・事故手続の流れ

お悩み解決内容

Q&A

示談金はいくらくらい?
示談金は事件(事故)の内容・状況やその被害規模によって大きく異なるため…
黙秘を続けていますが…
虚偽の供述は証拠隠滅と取られる可能性があり,行うべきではありませんが,黙秘…
私選弁護人と国選弁護人の違いは
刑事事件における弁護人には,私選弁護人と国選弁護人が存在します…
保釈金はいくらくらい
保釈金は裁判官が保釈を認める決定をする際に,一緒に決められます…
罰金を払わないとどうなりますか
罰金は基本的には本人が一括で納めます。罰金を支払えず,裁判所からの…
取り調べの要請は拒否できますか
取調べとは,捜査機関が事件の被疑者や関係者(参考人)から話を聞き,事件の…

アクセス

愛知県 名古屋駅 太閤通南口 徒歩 0.5分 と交通の便の良い場所にありますので,お手軽にご来所していただけます。
また,当事務務所を運営する「弁護士法人心」は,名古屋駅法律事務所の他に,本部事務所(名古屋駅太閤通南口徒歩2分),津駅法律事務所(津駅東口徒歩0.5分),松阪駅法律事務所(松阪駅JR改札口1分),岐阜駅法律事務所(JR岐阜駅北口3分・名鉄岐阜駅徒歩2分),東京駅法律事務所(東京駅八重洲北口3分)も運営しておりますので,最寄りの事務所にご来所いただくことが可能です。

受付時間
平日の朝9時から夜22時まで,予約の受付をいたしております。
相談対応日時
予めご予約いただければ,夜間・土日もご相談いただけます。

お名前(漢字)

(ふりがな)

お電話

メールアドレス

ご相談内容

事件別弁護内容一覧

ようこそ,刑事事件サポート@名古屋のサイトへ

ご家族やご友人が逮捕されてしまった・・・!
逮捕はされていないが,警察から裁判になると言われた・・・!
どうしたらいいのだろうか・・・?
このような場合,我々はお力になります!!

まず,何も犯罪をしていないのに逮捕されたり,裁判になると言われた場合には,迅速に,無罪主張のための証拠を収集し,刑事裁判に備えます。
仮に,罪を犯してしまった場合であっても,量刑の軽減を図るため,被害者と示談交渉等を行います。
早期に示談が成立するよう迅速に取り組みます。

逮捕や勾留で身体を拘束されている場合には,早期に釈放すべく行動いたします。
まずは,被疑者・被告人と面会し,十分な聴き取りを行います。
逮捕直後では,たとえ家族であっても,警察から面会を断られることが多く,その後も裁判所から面会を禁止されることありますが(接見禁止),弁護士であればこのような場合でも面会することができます。
この逮捕直後の面会では,情報収集はもちろん,被疑者を不当な捜査から守るためのアドバイスもいたします。
この面会が非常に重要です。

刑事事件の手続は刻々と進んでいきますから,手続に応じて迅速に対処すべく,我々はスピーディーに活動していくことをお約束いたします。

刑事事件に関して何かお困りでしたら,当事務所まで,是非,ご相談ください。
全力でサポートさせていただきます。

刑事事件関連情報

犯罪成立の要件

犯罪の疑いがある場合に,事実の存否を明らかにし,刑罰を科すべきであるかどうかを判断する手続のことを,刑事手続と言います。
刑事手続の対象となるのが一般的に刑事事件です。
刑事事件の対象となる犯罪の種類には,刑法に定められた殺人罪,強盗罪,放火罪,暴行罪,傷害罪,詐欺罪,文書偽造罪,賭博罪や,多くの特別法に定められた犯罪があります。
弁護士が扱う事件としては刑事事件の他に民事事件もあります。
刑事事件と民事事件は大きくその性質が異なります。
大きな違いとしては,民事事件の場合には,民事不介入の原則に基づき,警察の介入は原則的にされないことがあげられます。
刑事事件の場合は,ほとんどの場合,警察や検察庁による捜査が行われます。
そして,検察官が事件のさまざまな事情を考慮して,裁判を行うか否かを判断します。
一定の軽微な犯罪の場合には,被疑者の異議がない場合,略式命令請求をする場合があります。
その場合には,公判は行われず,書面審理により100万円以下の罰金または科料が科されることになります。
検察官が公判請求をし,裁判が行われることになる場合には,裁判官が有罪か無罪かについて審理し,有罪の場合には量刑を決定することになります。
量刑は犯罪の種類のみから判断されるものではなく,犯罪の程度なども考慮し,同罪の判例とも照らし合わせながら,被告人や被害者の状況など様々な検証を経て,決定されるのです。