民事調停を知っていますか?

友人に貸した20万円が返ってこない,ご近所さんと騒音で苦しんでいる,などといったお悩みで苦しんでいる方はいませんか。
弁護士に相談しようとしても弁護士費用が高くついてしまう, 弁護士にお願いするほど大げさな話ではないなどと考えた結果,結局泣き寝入りしてしまったりしませんか。

私がそのような相談を受けた際に,弁護士に依頼するとどうしても弁護士費用が高くかかってしまうなどの理由で,ご依頼を受けることが難しいときに,ご自身で行える手続きとしてご紹介しているのが民事調停の手続きです

民事調停とは裁判所で本人と相手方が,裁判所の調停委員に仲介してもらう形で話し合いを進めます。
事案の解決のため,中立公平な第三者として双方から事情を聞いた上で話をするため,当事者の間で話し合いをするよりスムーズに進むことが多くあります

 

あくまでも話し合いのための手続きですので,お互いが納得しない場合に裁判所が強制的に何かを決めるわけではないのですが,お悩みをそのまま放っておくよりも良い解決になるのではないでしょうか。

民事調停を裁判所に起こすためにかかる実費としては,裁判所に納める手数料と郵便切手だけですので,費用の面をあまり気にせずに利用することができます。

裁判所に申し立てをすると,裁判所が相手方に対し期日に来てくださいと呼び出しをしてくれ,相手方が裁判所の呼び出しに応じて出廷すると,裁判所で話し合いを行うこととなります。

 

弁護士に相談するとお金がかかるからといって躊躇している方は,泣き寝入りする前に,一度ご利用を検討してみてください。

裁判所が作成した「民事調停~トラブルのより良い解決に向けて取り組んでいます~」という民事調停を紹介したものもご確認ください。