二回試験

司法試験に合格したのちに,弁護士となるために司法修習という研修を受けなければなりません。

そして,その最後にあるのが,通称「二回試験」と呼ばれる試験です。

これに合格して,ようやく弁護士として活動することが出来ます。

 

今年の二回試験は11月末ころに行われたようで,二回試験の話題を目にすると,自分が二回試験を受けた時のことを思い出します。

 

初心を忘れずに,依頼者の方のために弁護士業務をきちんと行っていきたいと思います。

他の事務所の弁護士との交流

今日は,他の事務所の同期の弁護士との交流会でした。

 

同期と話をすると,自分の事件の処理の仕方や,自分の仕事ぶりについて振り返るきっかけになります。

 

今後も,良好な関係を築いていきたいと思います。