賃借権設定の登記と和議と

私が扱っている事件で,賃借権が登記された事件がありました。

 

賃借権とは,そのまま土地や建物を借りる権利のことですが,これは,登記することが出来ます。

登記しなくても第三者に対抗できるため,登記されないことがほとんどで,私の弁護士業務の中でも,ほとんど見たことはありません。

 

昔の借地法時代の登記であり,支払い期や存続期間等について記載がされております。

原因日付と受付日付の間に数年間の期間があるなど,当時の事情を想像してしまう内容です。

 

その登記簿の中で,和議という言葉も出てきました。

和議とは,話し合いのこと,,,ではなく,今でいう民事再生手続の前身となる手続きです。

 

2000年に廃止されました。

 

せっかくなので,和議法の1条を引用しようと思いましたが,現在施行されていない法律であるため,法令データベースの検索で出て来ませんでした。

 

その代わりに,民事再生法の1条を引用します。

第一条 この法律は、経済的に窮境にある債務者について、その債権者の多数の同意を得、かつ、裁判所の認可を受けた再生計画を定めること等により、当該債務者とその債権者との間の民事上の権利関係を適切に調整し、もって当該債務者の事業又は経済生活の再生を図ることを目的とする。」

ご覧いただいてわかる通り,民事再生手続きは,再生計画を定めるなどにより,事業や経済生活の再生を図る手続きで,典型的には事業の再建を目的とする手続です。

これに対して,破産は清算を目的とする手続きであり,1条には以下の通り規定されています。

「第一条 この法律は、支払不能又は債務超過にある債務者の財産等の清算に関する手続を定めること等により、債権者その他の利害関係人の利害及び債務者と債権者との間の権利関係を適切に調整し、もって債務者の財産等の適正かつ公平な清算を図るとともに、債務者について経済生活の再生の機会の確保を図ることを目的とする。」

こちらは,公平に清算し,経済生活の再生の機会の確保を図ることを目的としています。

 

 

 

 

 

 

 

 

弁護士と鞄

弁護士は,裁判所へ出かけたり,出張で法律相談へ行ったりと,資料をもって出かける機会が多くあります。

お客様の個人情報が記載されたものや,裁判のための証拠(一つしかない)を持ち運ぶことも多くあります。

 

また,そのような資料を持たなくても,移動中に読む本や財布,携帯電話等,持ち運ぶものは多くあります。

 

そのため,弁護士は,鞄にもこだわっています。

詳しい方は,弁護士が持ち歩く鞄といえばダレスバッグだ,と考える方もいらっしゃるかもしれません。

これは,アメリカのダレス国務長官が使用していたことから,日本でこの名前で呼ばれるようになった,横側が山形のデザインとなっており、口金で留めるようになっている鞄です。

たくさんの資料が入ることから,アメリカでは弁護士や医師がよく利用し,ドクターズバッグなどと呼ばれているようです。

 

私も,業界に入りたての頃は,みなダレスバッグを持っているのかと思いましたが,必ずしもそうではないようです。

普通のブリーフケースを持っている方の方が多い印象です。

また,頑丈さを考えてTumiのバッグを持っている方もいます。

 

私は,肩にかけられて不自然でない利便性から,普段はトートバッグを使用しています。

どうしても荷物が多くなりがちなので,肩にかけられるかどうかで負担が大きく違うため,私的にはトートバッグはマストバイなアイテムです。

 

実は,裁判所に行くと,キャリーバッグを持ち歩いている弁護士を見かけます。

訴訟資料が多くなると,手で持ち運ぶにはしんどいので,キャリーバッグを使うようになります。

弁護士は,キャリーバッグいっぱいの荷物を持ち運ぶことも多く,私も仕事用に会社に一つ置いてあり,月に2~3回程度は,キャリーバッグで裁判所へ行っています。

 

 

 

信託の歴史 信託法と契約法

最近,信託がブームになっています。

相続対策や,高齢者の方の資産の管理等,様々な活用が見込まれており,弁護士や司法書士がたくさん本を出版しています。

そこで,信託の歴史について調べてみました。

 

日本では,信託は,契約法の一種(信託契約)として定められていますが,実は,その発祥は,契約法がきちんと整備される前とのことです。

 

信託は,14世紀ごろ,封建社会であったイギリスで発明されました。

封建社会で,領主から領地を任された領民が,領主からの重い義務を免れるため,領民が(委託者)領地を信頼できる受託者へ名義変更し(受託者),領民だった者がその利用を続ける(受益者)ことで,土地の所有者でなくなった領民だった者は重い義務を逃れていたようです。

封建制が弱体化し,領主の権限が弱まっていた時期であったため,このような簡便な方法で,領民は様々な義務を免れることが出来たようです。

 

しかし,当然想定される内容ですが,名義変更を受けた受託者が,受益者の意に反して領地を自分のものとして利用するという問題が生じたようです。

これについて,イギリスの大法官は,コモンロー上(法律上)は名義人である受託者が権利者であるとしながら,エクイティ(衡平)の観点から,委託者から信頼されてそれを引き受けたにもかかわらず,これを裏切った受託者に問題があると判断したようです。

 

この考え方が現在の信託における,信託により委託者の財産の名義は受託者のものとなるが,受託者は受益者のために財産管理を行うという基礎となったようです。

 

上記経緯より,信託は,信頼に対して誠実に応えるという考え方がもととなっており,契約法が整う前に信託法が整ったようです。

契約をベースとする日本の民法を学んだ私は,うまくイメージできない状態です。

 

現在の制度について検討するのも大切ですが,歴史的経緯を踏まえると,より一層理解が深まります。

 

なお,信託の歴史についての記載は,「入門 信託と信託法」(樋口範雄 弘文堂)の記載を参考にしています。

 

合理的意思決定とゴミ箱モデル

皆様は,何をするか決める=意思決定するとき,どのように考えて決めていますか。

 

伝統的に,経済学では,合理的な個人を想定した上で議論を進めることが多くありました。

しかし,実際には,色々とよく考えてから決めることもあると思いますが,思い付いたことをそのまま実行したり,これまでこれをしていたから今日もするということもあると思います。

実際には,すべてのことをよく考えて決めようとするのは,これを処理するコストを考えると不合理であり,単純な意思決定や,より高度な意思決定であっても,深く考えることなく=非合理に決めることもあるのではないでしょうか。

 

自分はすべてのことをきちんと考えているという人がいたとしたら,たとえば今日食べたランチを思い出してください。

ランチを食べるにあたり,考えうるすべての選択肢をあげた上で,自分が今日朝食べたものや昨日食べたものを考慮し,今月末までのランチに使える予算制約や,ランチにかける時間とその他にかける時間等を考慮したうえで,十分に検討して今日はコンビニの鮭おにぎりで済ませるという選択はしていないと思います。

 

その時の状況や気分を踏まえ,いくつか思いついた中から直感で決めていませんか。

 

このことは,実は会社(組織)であっても変わらないのではないかという考え方があります。

そのようなことを説明する一つのモデルが,ごみ箱モデルです。

 

私が理解する内容のイメージは以下のとおりです(正確な理解は専門書を参照ください)。

何かを決定するとき(選択機会)があり,それを決めるのに関与する人(参加者)がいて,

考え方やアイデア(解)があり,少なくともこれだけは考慮すべきこと(問題)がある状況を想定します。

意思決定は,上記4つが独立であり,それらが出会ったときに(あたかも,上記の4つが適当にゴミ箱になげこまれたときに)される,というものです。

人は,色々な課題に直面し,これを解決する考え方やアイデアを探す,というように一般には考えられていますが,実際には決定はそれほど思慮されることなくなされたり,時間に追われる中で一応の結論がなされたり,先にアイデアがあって問題が見つかるといったことも多いのではないか,というのが上記モデルの理解です。

 

私たち弁護士の仕事は,上記モデルではなく,問題があり,これを法律上の観点から解釈し,解決策を探し,決定することです。

その仕事に価値があるのは,むしろ,人はそれほど合理的ではないからかもしれません。

そのようなことを,考えてみました。

 

 

 

 

 

判決言い渡しと民事,刑事の違い

判決文未完のまま言い渡し 岐阜地裁裁判官、懲戒へ」(日本経済新聞)

岐阜地裁の裁判官が,懲戒される可能性があるようです。

内容としては,本来判決書の原本が完成した状態で判決言い渡しをしなければいけないにもかかわらず,忙しかったために,原本ができる前に言い渡しをしてしまったとのことです。

 

民事の裁判は,民事訴訟法においては,判決は,判決書の原本に基づいてすることとされています(民事訴訟法252条)。

そのため,判決書の下書きを利用して判決することは,同条に違反し違法な判決となります。

 

これに対して,刑事の裁判は,刑事訴訟法においては,判決は,宣告によりこれを告知するとされています(刑事訴訟法342条)。

そのため,判決の下書きで判決を告知しても,違法にはなりません。

実際,判決書は必ずしも判決宣告時に作成されていることを要しないと判断されています(最判昭25.11.17)。

 

上記の裁判官も,刑事事件であれば判決書がなくても懲戒されることはなかったでしょう。

弁護士業務とスピルリナ

弁護士にとって,健康管理は死活問題です。

健康であればこそ,裁判所に行き,打ち合わせを行い,書面を作成することができるのであって,

健康管理は弁護士の最も大切な業務ということができるでしょう。

 

皆様はスピルリナをご存知でしょうか。

私は先日まで知りませんでした。

 

wikipediaによれば,

スピルリナ(Spirulina)は、藍藻綱ユレモ目の幅 5-8μm、長さ 300-500μm ほどの「らせん形」をした濃緑色の単細胞微細藻類。約30億年前に出現した原核生物の仲間で、現在でも熱帯地方の湖に自生し、フラミンゴは大地溝帯に点在する強いアルカリ性の湖に育つ種のものを主食としている。」

とのことで,現地の人の食料源として親しまれていたようです。

現在は,健康食品として,タブレット状にして食べたり,飲料に加工して飲んだりしているようです。

 

現地の方が実際にどのように食べていたかはわかりませんが,フランスの学者によれば以下のようです。

「フランスの P. Dangard らが、アフリカ中央部のチャド湖の東約50kmにある村の市場で、チャド湖で収穫されたスピルリナの乾燥物が「ダイエ」という名前で売られていることを、1940年に紹介し、世界の注目を集めた。1967年11月には、エチオピアで開かれた国際応用微生物会議で、「スピルリナはタンパク質が豊富であり、将来の食糧源として注目されるべきである」と報告された。」

 

とのことであり,乾燥した藻なので,海苔に近い感じなのでしょうか。

なら海苔を食べても健康になれそうです!

 

健康に効果があるかはわかりませんが,タンパク質が多くとれ栄養豊富なので,いいと思います。

 

ちなみに,健康食品については,現在,厚生労働省が規制を検討していますが,食品衛生法上は健康食品に対する規制はありません。

唯一,特定保健用食品(トクホ)と栄養機能食品、機能性表示食品に該当する場合には,効果,効用を記載できますが,一般に,肌にいいと言った表現は使われており,スピルリナも上記に該当せず,一般論として健康食品と流通していると思われます。

 

現在,食品衛生法を扱う業務はありませんが,今後,食料品のメーカー等が顧問先となった場合には,スピルリナの相談も来るかもしれません!

司法試験と民法親族編(親族法,相続法)

司法試験の受験科目には,当然民法が含まれています。

民法は,大きく財産編,親族編に分かれており,私の業務である相続や離婚は,親族編に含まれています。

司法試験の受験科目の中には,親続編が含まれているものの,論文問題での出題率が高くないことから,受験生は,十分に勉強せず,極端なケースでは,「捨てる」といった対応をされることもあり,受験科目の中では,不遇な扱いを受けることが有ります。

なお,手形小切手法も,同様の扱いを受けることが有ります。

 

しかし,実務においては,相談の内容の多くは離婚や相続,親族に関するものであり,親族編の知識は非常に重要となります。

しかも,親族編は,実は理論的に非常に難しい内容を多く含んでいます。

そのため,少し勉強した程度では,正確な理解は望めず,いざ弁護士業務を行うときに,不正確な処理をしてしまう結果となりかねません。

 

司法試験受験生や,修習生は,親族編の大切さを十分に理解し,時間をかけられるときに,じっくりと腰をすえて勉強することを強くおすすめします。

尺貫法は禁止?

弁護士業務で,相続に絡んだ土地に関連する話をすることが多くあります。

 

皆様,土地の広さや評価は平米ではなく,坪で考えているようで,坪の単位の話をしたほうが,話がわかりやすいケースがあります。

 

物をどの単位で測るかは,わかりやすければそれでいいと思うのですが,法律はそれを許さず,「法定計量単位」を定め,これ以外の単位で取引や証明を行うことを禁止しています(計量法8条)。

 

そして,尺貫法の単位は,法定計量単位ではないため,いわば,法律が尺貫法(で取引や証明を行うこと)を禁止していることになります。

 

衆議院議員総選挙

今日は,衆議院議員総選挙の投票日です。

私も,台風の中,投票に行ってきました。

投票済証をいただいたのは初めてです!

 

選挙と馴染み深い弁護士業務といえば,選挙が終わると,一票の格差をめぐる訴訟が提起されることがあります。

憲法,非常に興味深い論点が含まれ,裁判例を細かく分析すると,純粋に憲法学上の議論として興味深い裁判です。

天気予報

今年の夏も台風が訪れました。

台風が来ると,裁判所に行けないなど,弁護士業務にも支障が出る場合があります。

 

台風被害を防ぐためには,台風の進路等の正確な予測に基づく予報が不可欠です。

そこで,気象業務法は,気象庁以外の者が予報業務を行おうとする場合は、気象庁長官の許可を受けなければならないこととし、予報業務を許可制としているようです。

たしかに,台風が来ないという不正確な予報に基づき遠出をしたら台風が来て帰れなくなったとなれば,困ってしまいます。

ただし,観測の成果に基く現象の予想の発表=予報をすることが禁止されるので,気象庁が発表したデータをテレビ番組でわかりやすく解説することには許可はいりません。

また,花粉情報なども,大気の諸現象ではないため,許可は不要とのことです。

詳細は気象庁ホームページを御覧ください。

コーク

弁護士は,業務にあたり,『法律学小辞典』を参照することがあります。

細かな議論は確認できませんが,関連分野の下調べの際に便利です。

 

中には,法律学と直接関係のなさそうな用語が載っています。

 

「絶対君主制」

山川出版社の世界史用語辞典に載ってそうな単語ですが,法律学小辞典にも載っています。

 

「コーク」

コカ・コーラのこと…ではなく,イギリスの裁判官にして法学者・政治家のようです。

 

「微生物の寄託」

ぱっと見たときは,生物学の教科書と間違えたかと思いました。

特許の世界で微生物を寄託することがあるようです。

請求異議

判決等債務名義に表示された請求権の存在又は内容について異議のある債務者が,その債務名義による強制執行の不許を求めるために提起することが出来る訴えのことを,請求異議の訴えと言います。

 

例えば,裁判で判決が確定した後に,全額弁済が行われたにも関わらず,強制執行がなされた場合には,判決後に弁済がなされたことを理由として請求異議の訴えを提起することができます。

 

確定判決の場合には,既判力があるため,異議事由は判決確定後に生じた事由でなければいけません。

 

弁護士として業務をしていると,このような判決後の事件にも携わる機会があります。

腕時計

弁護士は,時間に追われ,1分1秒も惜しい時があります。

そのときに,時計がずれていると,電車に乗り遅れたり,期日に遅れたり,散々な目にあってしまいます。

 

そのため,時間が正確にわかる腕時計は欠かせません。

 

そこで,腕時計について,検討してみました。

腕時計を動力から検討すると,

クオーツ式

機械式

に分類できます。

機械式はさらに

手巻き

自動巻き

にわけられます。

 

機械式は,場合によっては1日に数秒単位でずれることがあります。

ちょっと不便です。

また,数日ネジを巻かなかったり(手巻き式),つけなかったり(自動巻き)すると止まってしまいます。

ちょっと不便です。

 

クオーツ式は,時間は正確ですが,電池が切れると止まってしまいます。

時間を知りたいと思ったときに止まっているとアウトなので,やっぱりちょっと不便です。

 

私は,現在,ソーラーで充電ができ,電波受信で時刻を修正するクオーツ式の腕時計を使っており,今のところ止まったこともずれたこともなく満足しています。

省略語

先日,家事調停で,調停委員が,「トクジュ」と何度も言い,ご相続人の方が混乱されていました。

「トクジュ」とは特別受益を省略したもので,弁護士の中でも,あまり一般的な言い方ではないと思います。

 

弁護士業界で一般的な省略としては,長い名前の法律を,省略することがあります。

例えば,民事訴訟法は,「民訴法」,刑事訴訟法は「刑訴法」といいます。

20年前には,「チョベリバ」(超ベリーバッド),「チョベリグ」(超ベリーグッド)という言葉が若者を中心に使われたことがあります。

 

「冷コー」や「ビフテキ」などは,今でも使われる方はいらっしゃいますか?

 

最近の私のお気に入りの略語は,「TKG」(卵かけご飯)です。

名古屋コーチンとかしわ

名古屋の名物は色々ありますが,名古屋コーチンもその一つです。

通常の鶏肉より高いですが,鶏肉なのでまだ手が出る金額です。

 

鶏肉のことを,「かしわ」と呼ぶ事があります。

 

当法人も,柏(かしわ)駅に弁護士法人心柏駅法律事務所オープンしました。

カシワニ

ふなっしーに続くブームの予感です。

カシワニとは,千葉県柏市のキャラクターです。

ふなっしーと同じく,柏市の非公認キャラクターとなっています。

頭に載っている柏の葉がとても可愛らしいキャラクターです。

当法人も,柏駅法律事務所をオープンしました。

今後,柏駅法律事務所をよろしくお願いいたします。

弁護士と椅子

弁護士は,椅子に座って書面を作成したり,記録を検討したり,本を読んだりと,椅子に座っている時間が非常に長い職種です。

 

そこで,座りやすい椅子を検討してみました。

1 座り方

前傾,後傾の2パターンがあり,キーボードを打つ場合には,後傾姿勢が良いようです。

ちなみに,私はキーボードを打つ場合も前傾姿勢です。

2 座り方に適した椅子

座り方が決まったら,これに適した椅子を検討します。

座る際に,腰が90度以下の角度に曲がってしまうと,腰に対する負担が大きくなることから,前傾の座り方をする場合には,椅子自体が前傾しているものか,前傾チルトという機能が付いているものがよいようです。

3 座り心地

座る部分や背中部分がクッションになっているか,メッシュになっているかも重要なポイントです。

私は,メッシュに座った経験がほとんどなく,椅子と言えばクッションですが,メッシュは通気性がよく夏に快適とのことです。

4 その他

さまざまな機能があるようですが,大まかにまとめると,高い椅子には理由がある,ということのようです。

いろいろと人体にあわせた椅子のつくりになっています。

5 結論

私は,自宅用に,リープチェアを購入しました。

反応速度2

先日の反応速度の記事についてですが,反応速度は判断を伴う場合,0.15秒より遅くなる場合があるようです。

また,音刺激の方が,光刺激より反応速度が速くなるようです。

さらに,手より足の方が30msecほど遅くなるようです。

 

自動車の運転の場合,飛び出してきたものが何かという判断,光刺激に対する判断,足による反応という結果,理論値より遅くなっているとも考えられます。

 

弁護士として,いつも周囲の刺激には敏感でいたいと考えています。

 

反応速度

人の反応速度は最速で0.15秒程度と言われています。

つまり,理論上は,集中していれば,車に乗っていて人が飛び出してくるのが確認できた後,0.15秒後にはブレーキを踏むことができる,ということになります。

実際には,空走時間(ドライバーが危険な進路妨害物を発見してから実際に制動が始まるまでにかかる時間)は裁判等では0.75秒程度と言われています。

時速60キロメートルで進んでいる自動車の場合,秒速に換算すると16.6メートルですので,上記の差で,9.96メートル進んでしまうことになります。

 

私は普段名古屋をふくめ,車を運転することはありませんが,乗る際には,気を張って最速で反応できるよう心がけたいと思います。