尺貫法は禁止?

弁護士業務で,相続に絡んだ土地に関連する話をすることが多くあります。

 

皆様,土地の広さや評価は平米ではなく,坪で考えているようで,坪の単位の話をしたほうが,話がわかりやすいケースがあります。

 

物をどの単位で測るかは,わかりやすければそれでいいと思うのですが,法律はそれを許さず,「法定計量単位」を定め,これ以外の単位で取引や証明を行うことを禁止しています(計量法8条)。

 

そして,尺貫法の単位は,法定計量単位ではないため,いわば,法律が尺貫法(で取引や証明を行うこと)を禁止していることになります。