クリスマスは祝日!?

本日はクリスマスですので,法律に関わるクリスマスの話題をします。

現在,クリスマスは祝日ではありませんが,戦前の昭和の時代は,クリスマスが祝日でした!

 

クリスマスが祝日といっても,クリスマスだから祝日だったわけではなく,大正天皇が崩御された日が12月25日だったことから,大正天皇祭という名目で祝日だったようです。

wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%B9#%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E3%83%BB%E8%A1%8C%E4%BA%8B)によれば,この頃に,クリスマスの習慣が普及したようです。

戦前の祝日を定めた,休日ニ関スル件の規定は,以下のとおりとなります。

休日ニ関スル件(昭和2年勅令第25号)

左ノ祭日及祝日ヲ休日トス

元始祭  一月三日
新年宴会  一月五日
紀元節  二月十一日
神武天皇祭  四月三日
天長節  四月二十九日
神嘗祭  十月十七日
明治節  十一月三日
新嘗祭  十一月二十三日
大正天皇祭  十二月二十五日
春季皇霊祭  春分日
秋季皇霊祭  秋分日

附 則

本令ハ公布ノ日ヨリ之ヲ施行ス

(引用元)http://www.geocities.jp/nakanolib/rei/rs02-25.htm

弁護士としても,クリスマスが祝日だったほうが嬉しいです。

民事調停を知っていますか?

友人に貸した20万円が返ってこない,ご近所さんと騒音で苦しんでいる,などといったお悩みで苦しんでいる方はいませんか。
弁護士に相談しようとしても弁護士費用が高くついてしまう, 弁護士にお願いするほど大げさな話ではないなどと考えた結果,結局泣き寝入りしてしまったりしませんか。

私がそのような相談を受けた際に,弁護士に依頼するとどうしても弁護士費用が高くかかってしまうなどの理由で,ご依頼を受けることが難しいときに,ご自身で行える手続きとしてご紹介しているのが民事調停の手続きです

民事調停とは裁判所で本人と相手方が,裁判所の調停委員に仲介してもらう形で話し合いを進めます。
事案の解決のため,中立公平な第三者として双方から事情を聞いた上で話をするため,当事者の間で話し合いをするよりスムーズに進むことが多くあります

 

あくまでも話し合いのための手続きですので,お互いが納得しない場合に裁判所が強制的に何かを決めるわけではないのですが,お悩みをそのまま放っておくよりも良い解決になるのではないでしょうか。

民事調停を裁判所に起こすためにかかる実費としては,裁判所に納める手数料と郵便切手だけですので,費用の面をあまり気にせずに利用することができます。

裁判所に申し立てをすると,裁判所が相手方に対し期日に来てくださいと呼び出しをしてくれ,相手方が裁判所の呼び出しに応じて出廷すると,裁判所で話し合いを行うこととなります。

 

弁護士に相談するとお金がかかるからといって躊躇している方は,泣き寝入りする前に,一度ご利用を検討してみてください。

裁判所が作成した「民事調停~トラブルのより良い解決に向けて取り組んでいます~」という民事調停を紹介したものもご確認ください。

 

尺貫法は禁止?

弁護士業務で,相続に絡んだ土地に関連する話をすることが多くあります。

 

皆様,土地の広さや評価は平米ではなく,坪で考えているようで,坪の単位の話をしたほうが,話がわかりやすいケースがあります。

 

物をどの単位で測るかは,わかりやすければそれでいいと思うのですが,法律はそれを許さず,「法定計量単位」を定め,これ以外の単位で取引や証明を行うことを禁止しています(計量法8条)。

 

そして,尺貫法の単位は,法定計量単位ではないため,いわば,法律が尺貫法(で取引や証明を行うこと)を禁止していることになります。

 

衆議院議員総選挙

今日は,衆議院議員総選挙の投票日です。

私も,台風の中,投票に行ってきました。

投票済証をいただいたのは初めてです!

 

選挙と馴染み深い弁護士業務といえば,選挙が終わると,一票の格差をめぐる訴訟が提起されることがあります。

憲法,非常に興味深い論点が含まれ,裁判例を細かく分析すると,純粋に憲法学上の議論として興味深い裁判です。

捨印

契約書等に捨印を押印することを求められたご経験のある方は多いと思います。

捨印の利用方法としては,明確な誤記があった場合などに,捨印により修正をすることが想定されているとはいえますが,なんでも好きなことを書かれるのではないかと不安に感じる方もいるのではないでしょうか。

 

そこで,捨印の効力がどう考えられているか,確認してみました。

捨印については,最高裁昭和53年10月6日判決で,一定の考え方が示されています。

この事案は,金銭消費貸借契約証書において,遅延損害金の記載欄が空白だったのを,捨印を利用して年3割と補充をして抵当権設定登記がなされた事案です。

判旨としては「捨印があるかぎり,債権者においていかなる条項をも記入できるものではなく,その記入を債権者に委ねたような特段の事情のない限り,債権者がこれに加入の形式で補充したからといって,当然にその補充にかかる条項について当事者間に合意が成立したとみることはできない。」としています。

上記判例は,捨印により,当然にいかなる条項をも記入できるものではないとして,捨印による訂正の効力を,債権者に委ねたかどうかという判断基準にかからせています。

そして,通常の契約においては,捨印は,明確な誤記の修正を委ねる趣旨といえると思います。

上記判例及び通常の契約の趣旨を考えると,捨印で契約の内容に関する修正を行うことは,原則として認められないと考えられます。

 

中小企業と民法改正

9月13日,名古屋青年税理士連盟にて,「中小企業と民法改正」というタイトルで講義をさせていただきました。

 

税理士の先生方にとっても非常に関心の高い分野のようで,皆様真剣に聞かれていました。

 

私も,施行までに,より改正民法の理解を深めておく必要があると感じました。

天気予報

今年の夏も台風が訪れました。

台風が来ると,裁判所に行けないなど,弁護士業務にも支障が出る場合があります。

 

台風被害を防ぐためには,台風の進路等の正確な予測に基づく予報が不可欠です。

そこで,気象業務法は,気象庁以外の者が予報業務を行おうとする場合は、気象庁長官の許可を受けなければならないこととし、予報業務を許可制としているようです。

たしかに,台風が来ないという不正確な予報に基づき遠出をしたら台風が来て帰れなくなったとなれば,困ってしまいます。

ただし,観測の成果に基く現象の予想の発表=予報をすることが禁止されるので,気象庁が発表したデータをテレビ番組でわかりやすく解説することには許可はいりません。

また,花粉情報なども,大気の諸現象ではないため,許可は不要とのことです。

詳細は気象庁ホームページを御覧ください。

コーク

弁護士は,業務にあたり,『法律学小辞典』を参照することがあります。

細かな議論は確認できませんが,関連分野の下調べの際に便利です。

 

中には,法律学と直接関係のなさそうな用語が載っています。

 

「絶対君主制」

山川出版社の世界史用語辞典に載ってそうな単語ですが,法律学小辞典にも載っています。

 

「コーク」

コカ・コーラのこと…ではなく,イギリスの裁判官にして法学者・政治家のようです。

 

「微生物の寄託」

ぱっと見たときは,生物学の教科書と間違えたかと思いました。

特許の世界で微生物を寄託することがあるようです。

請求異議

判決等債務名義に表示された請求権の存在又は内容について異議のある債務者が,その債務名義による強制執行の不許を求めるために提起することが出来る訴えのことを,請求異議の訴えと言います。

 

例えば,裁判で判決が確定した後に,全額弁済が行われたにも関わらず,強制執行がなされた場合には,判決後に弁済がなされたことを理由として請求異議の訴えを提起することができます。

 

確定判決の場合には,既判力があるため,異議事由は判決確定後に生じた事由でなければいけません。

 

弁護士として業務をしていると,このような判決後の事件にも携わる機会があります。

腕時計

弁護士は,時間に追われ,1分1秒も惜しい時があります。

そのときに,時計がずれていると,電車に乗り遅れたり,期日に遅れたり,散々な目にあってしまいます。

 

そのため,時間が正確にわかる腕時計は欠かせません。

 

そこで,腕時計について,検討してみました。

腕時計を動力から検討すると,

クオーツ式

機械式

に分類できます。

機械式はさらに

手巻き

自動巻き

にわけられます。

 

機械式は,場合によっては1日に数秒単位でずれることがあります。

ちょっと不便です。

また,数日ネジを巻かなかったり(手巻き式),つけなかったり(自動巻き)すると止まってしまいます。

ちょっと不便です。

 

クオーツ式は,時間は正確ですが,電池が切れると止まってしまいます。

時間を知りたいと思ったときに止まっているとアウトなので,やっぱりちょっと不便です。

 

私は,現在,ソーラーで充電ができ,電波受信で時刻を修正するクオーツ式の腕時計を使っており,今のところ止まったこともずれたこともなく満足しています。

省略語

先日,家事調停で,調停委員が,「トクジュ」と何度も言い,ご相続人の方が混乱されていました。

「トクジュ」とは特別受益を省略したもので,弁護士の中でも,あまり一般的な言い方ではないと思います。

 

弁護士業界で一般的な省略としては,長い名前の法律を,省略することがあります。

例えば,民事訴訟法は,「民訴法」,刑事訴訟法は「刑訴法」といいます。

20年前には,「チョベリバ」(超ベリーバッド),「チョベリグ」(超ベリーグッド)という言葉が若者を中心に使われたことがあります。

 

「冷コー」や「ビフテキ」などは,今でも使われる方はいらっしゃいますか?

 

最近の私のお気に入りの略語は,「TKG」(卵かけご飯)です。

名古屋コーチンとかしわ

名古屋の名物は色々ありますが,名古屋コーチンもその一つです。

通常の鶏肉より高いですが,鶏肉なのでまだ手が出る金額です。

 

鶏肉のことを,「かしわ」と呼ぶ事があります。

 

当法人も,柏(かしわ)駅に弁護士法人心柏駅法律事務所オープンしました。

カシワニ

ふなっしーに続くブームの予感です。

カシワニとは,千葉県柏市のキャラクターです。

ふなっしーと同じく,柏市の非公認キャラクターとなっています。

頭に載っている柏の葉がとても可愛らしいキャラクターです。

当法人も,柏駅法律事務所をオープンしました。

今後,柏駅法律事務所をよろしくお願いいたします。

送付と送達

民事訴訟において,送達とは,「当事者その他訴訟関係人に対して,訴訟上の書類の内容を了知させるために,法定の方式に従って書類を交付し,または交付を受ける機会を与える裁判所の訴訟行為」です。

つまり,相手方にきちんと書類を届けること,そのために裁判所の行う厳格な手続によること,です。

特別送達という物々しいハンコが押された封筒に入って送られてきます。

例えば裁判が始まるときの「訴状」は,被告に対して送達されます。

 

これに対し,家事事件手続法では,審判,調停については,申立書の写しの送付(場合によっては審判,調停が申し立てられたことの通知)がされることとなっていますが,送達ではないため,厳格な手続によらなくてもよいこととなっています。

なお,家事事件手続法においても,送達の規定は準用されているのですが,実際には送達を行う条文はなく,裁判所の裁量に委ねられています(家事事件手続規則には,一部定めがあります。)。

つまり,裁判所の裁量で,審判申立から審判が出て審判書まで,全て相手方に送達せず手続を進めることも可能ということです。

 

送付の場合には,厳格な手続によらず普通郵便で送ることもできるため,裁判所により本人が受け取ったことの確認が取れなくても,手続が終了することとなります。

 

立法者意思としては,柔軟に裁判所が判断するということなのかもしれませんし,わざわざ家事事件手続法で「手続代理人」というように,民事訴訟との違いを際立たせたかったのかもしれませんが,送達しないで手続が進むというのは,弁護士の視点から見て疑問です。

孫正義

日本一の富豪と言えば,ソフトバンクの孫正義さんです。

先日,インターネットでたまたま孫正義さんの記事を見かけ,その発言を追いかけていました。

そこで見かけた内容で,考えさせられたのが以下の発言です。

そうはいっても現実はこうだからといって夢物語ばっかり語ってもダメ

とりあえず目先の現実をふまえて

 

とか言っている人ほど

 

その現実世界から逃れられないまま人生が終わる場合が多い

 

今の弁護士業務に忙殺されて,目先の現実を追いかけたくなりますが,この年になっても,将来の夢をもって仕事をすることも必要なのではないかと感じました。

また,孫正義さんは,以下のメッセージも述べています。

「一番の原動力は、お金ではなく、人々の幸せに貢献できる組織をつくりたいという信念だと思います。意義のあることをしたいという情熱です。」

お金のためではなく,意義のあることをしていくことは,私たち弁護士にとっても大切なことだと思います。

 

 

弁護士と椅子

弁護士は,椅子に座って書面を作成したり,記録を検討したり,本を読んだりと,椅子に座っている時間が非常に長い職種です。

 

そこで,座りやすい椅子を検討してみました。

1 座り方

前傾,後傾の2パターンがあり,キーボードを打つ場合には,後傾姿勢が良いようです。

ちなみに,私はキーボードを打つ場合も前傾姿勢です。

2 座り方に適した椅子

座り方が決まったら,これに適した椅子を検討します。

座る際に,腰が90度以下の角度に曲がってしまうと,腰に対する負担が大きくなることから,前傾の座り方をする場合には,椅子自体が前傾しているものか,前傾チルトという機能が付いているものがよいようです。

3 座り心地

座る部分や背中部分がクッションになっているか,メッシュになっているかも重要なポイントです。

私は,メッシュに座った経験がほとんどなく,椅子と言えばクッションですが,メッシュは通気性がよく夏に快適とのことです。

4 その他

さまざまな機能があるようですが,大まかにまとめると,高い椅子には理由がある,ということのようです。

いろいろと人体にあわせた椅子のつくりになっています。

5 結論

私は,自宅用に,リープチェアを購入しました。

kindle

最近,本を読むときは,出来るだけkindle本を買うようにしています。

紙の本の良さもあるのですが,やはり手軽に持ち運べて,収納スペースがいらない利点にはかないません。

 

ただし,弁護士業務で使う法律書は,書き込みをしたり,パラパラと必要な頁をめくったりすることを考えると,紙の本が使いやすいです。

kindleストアで検索すると,実務で使用できる本もたくさん売られているようなので,今後は法律書もkindleで読んでもいいかもしれません。

恋愛

1 最近事務所に入荷された「法律って意外とおもしろい!!法律トリビア大集合」という本に,法律と恋愛についての記載があり,私も調べてみました。

 

2 現行法令の中で「恋愛」という言葉が用いられているのは,ストーカー行為等の規制等に関する法律だけのようです。

なお,「愛情」が用いられているのは,「身体障害者補助犬法」,「児童福祉法施行規則」です。

 

3 恋愛は,以下のとおり用いられています。

第2条

この法律において「つきまとい等」とは、特定の者に対する◆恋愛◆感情その他の好意の感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的で、当該特定の者又はその配偶者、直系若しくは同居の親族その他当該特定の者と社会生活において密接な関係を有する者に対し、次の各号のいずれかに掲げる行為をすることをいう。(各号以下省略)

 

弁護士としては,恋愛感情の定義が気になるところです。

三国志演義

最近,三国志にはまっています。

ということで,三国志演義(井波律子訳)を読んでいます。

三国志は,劉備が亡くなるあたりまでが面白いと思います。

 

それはさておき,三国志演義では,君主や相手武将を説得するシーンが多く出てきます。

どういう心境の相手をどのように説得するのかというのは,弁護士業務に通じるところがある気がします。