和解という知恵

弁護士になる前は,訴訟で勝訴できる弁護士みたいなものに漠然と憧れを抱いたりしていたものですが,
実は紛争を訴訟に持ち込まないで解決する方が,依頼者の方の様々なご負担を考えても,一番良い方法なのでは
ないかと思うようになりました。

そんな時に,廣田尚久先生の,『和解という知恵』(講談社現代新書)という本に出会いました。

廣田先生は,川崎製鉄で勤務された後に弁護士登録され,九州大学法学部や大学院でも
紛争解決についてご講義されたご経歴をお持ちの先生です。

和解というものについて,訴訟との対比をすることでその機能と効用を正面から捉え,
和解を効果的に使うことで紛争を解決することを研究されており,その成果が一部
あらわされているのが『和解という知恵』というご著書です。

その中では,訴訟と対比した場合の和解の特徴として,以下のようなものが挙げられています。

1 訴訟においては,勝訴した側が100をとり,敗訴した側が0となる。
  これは,仮に勝訴した側の権利の重みが51%で,敗訴した側の権利の重みが
  49%だった場合でも変わらない。
  一方,和解においては,お互いの権利の重みに応じた解決が実現できる可能性がある。

2 訴訟においては,要件事実論に従い,因果律に従ったかたちで紛争が解決される。
  一方,和解においては,因果律にはこだわらず,共時性の原理も使う。

ほかにもいろいろと比較はされていますが,私が改めてハッとさせられたのは以上の二つでした。

特に,問題を解決する際に,法律構成を気にし過ぎる余り,因果関係はなくても,
偶然にみえる複数の現象の意味を探ると,そこに解決の糸口があるかも
しれないということを意識して事案をみることが最近できなくなっていないか,と
考え直すきっかけになりました。

さらに,『和解という知恵』によると,廣田先生が実際に手掛けられた事件等の例から,
和解をやりとげる方法が説明されます。

その中には,普段から漠然と考えてはいても,意識して整理はしていなかったものや,
なかなか一朝一夕には真似できないものもいろいろ説明されていましたが,自分が
ぼんやり考えていただけのことをこんなに突き詰めて整理されている方がいらっしゃることが
分かり,それだけでも大変刺激になりました。

和解に対して抱いている,なんとなくぼんやりしたつかみどころのないイメージが消えて,
積極的に和解をいろいろな場面で試すことができるきっかけになるので,実務家の方には
お勧めですし,さらに,法律家でなくとも,紛争がどのように解決されるのかを理解したい方には
ご一読をお勧めします。