詐欺罪につき実行の着手があるとされた事例-最判平成30年3月22日

 事案は,被告人が,被害者から現金をだまし取ろうと考えた氏名不詳者らと共謀したうえで,氏名不詳者において,被害者に対して警察官を名乗る数回の電話により,電話相手が警察官であり,その指示に従わなければならない旨誤信させて現金を払い戻させた後,被告人において,被害者から現金の交付を受けようとしたが,被害者方付近で警戒中の警察官に発見されて逮捕されたため,その目的を遂げなかったというものです。
 財物の交付自体を求める行為は行われていないことから,詐欺罪の実行行為である「人を欺く行為」自体への着手がいまだ認められないため,被告人側の弁護士が詐欺未遂罪も成立しないと争ったものでした。

 判旨は,おおよそ以下のとおりの内容です。

 氏名不詳者は,被害者に対し,1回目の電話で「昨日,駅のところで,不審な男を捕まえたんですが,その犯人が被害者の名前を言っています。」「昨日,詐欺の被害にあっていないですか。」「口座にはまだどのくらいの金額が残っているんですか。」「銀行に今すぐ行って全部下ろした方がいいですよ。」など言い,その後,2回目の電話で「僕,向かいますから。」「2時前には到着できるよう僕の方で態勢整えますので。」などと言っており,これらの行為は,被害者をして,本件嘘が真実であると誤信させた上で,後に被害者宅を訪問して警察官を装って現金の交付を求める予定であった被告人に対して現金を交付させるための計画の一環として行われたものであり,本件嘘の内容は,その犯行計画上,被害者が現金を交付するか否かを判断する前提となるよう予定された事項に係る重要なものであったと認められる。
 そして,このような計画の下において述べられた本件嘘には,被害者に現金の交付を求める行為に直接つながる嘘が含まれており,既に100万円の詐欺被害に遭っていた被害者に対し,本件嘘を真実であると誤信させることは,被害者において,間もなく被害者宅を訪問しようとしていた被告人の求めに応じて即座に現金を交付してしまう危険性を著しく高めるものといえ,このような事実関係の下においては,本件嘘を一連のものとして被害者に対して述べた段階において,被害者に現金の交付を求める文言を述べていないとしても,詐欺罪の実行の着手があったと認められる。

 また,本判決には,いわゆるクロロホルム事件(最決平成16年3月22日)を引用し,『犯罪の実行行為自体ではなくとも,実行行為に密接であって,被害を生じさせる客観的な危険性が認められる行為に着手することによっても未遂罪は成立しうる。したがって,財物の交付を求める行為が行われていないことは,詐欺未遂罪が成立しないということを必ずしも意味するものではない。未遂罪の成否において問題となるのは,実行行為に「密接」で「客観的な危険性」が認められる行為への着手が認められるかであり,この判断に当たっては「密接」性と「客観的な危険性」とを,相互に関連させながらも,それらが重畳的に求められている趣旨を踏まえて検討することが必要である。特に重要なのは,無限定な未遂処罰を避け,処罰範囲を適切かつ明確に画定するという観点から,上記「密接」性を判断することである。』とした上で,本件では,被害者宅を訪問した被告人が現金を交付させることが計画され,その時点で「人を欺く行為」が予定されているものの,警察官の訪問を予告する2回目の電話はその行為に「密接」なものであり,また,1回目の電話と一連のものとして行われた2回目の電話の時点で,被害者が一連の嘘により欺かれて現金を交付する危険性が著しく高まったといえるから,2回目の電話によって,詐欺未遂罪の成立が肯定できるとする,山口厚裁判官の補足意見が付されています。

 従来からの裁判例と山口裁判官のご見解に沿った判断であるといえます。