相続放棄とカード等の解約

ある日突然ご親族の方が亡くなり,相続人となる方に,亡くなった方がご利用されていたクレジットカードの請求がくる,というのは,どなたの身にも起こりうることです。
特に,急にご親族が亡くなられた場合には,ご遺族のお気持ちや周辺の整理で大変なご状況にあることなど一切考慮せず,カード会社等は相続人宛に請求を送りつけてきます。
この場合,亡くなられた方がお若い場合等によくあるのが,プラスの資産としては目立ったものがない一方で,複数のクレジットカードを所持して,キャッシングやショッピングに利用されており,その総数や利用額の残高がご遺族にも把握できないというようなケースです。
このような場合,そのまま亡くなられた方の財産を相続すると,プラスの財産のみでなく,借金やショッピングのリボ支払い残高等のマイナスの財産も相続することになってしまうので,相続放棄をすることが選択肢として考えられます。
相続放棄をする場合は,相続の開始を知った時から3カ月以内に,亡くなられた方の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に,相続放棄の申述をすることになります。
相続放棄の申述が家庭裁判所に受理されると,申述した方は最初から亡くなった方の相続人ではなかったことになります。
そして,受理後は,相続放棄が受理されたことを公的に証明する書面として,家庭裁判所に相続放棄申述受理証明書の交付を申請することができますので,債権者から請求がきた場合は,この相続放棄申述受理証明書の写しを送付して,相続放棄したことを連絡して,以後,ご遺族に請求がこないようにします。
ここまではよいのですが,カード会社や携帯電話会社によっては,さらに手続を要求してくることがあります。
その際,おかしな対応を迫ってくる業者もありますのでご注意ください。
具体的には,相続放棄された方に,亡くなった方の代理人として,契約の解約手続をすることを要求してくる業者があります。
例えば相続放棄をする前に,解約の手続だけに協力してもらいたい,というのであれば,相続放棄の手続を進めている最中であることを業者に伝えたうえで,解約手続のみ協力する,というのは百歩譲ってあり得るところです。
しかし,ひどい業者になると,相続放棄の申述が受理された後でも,亡くなった方の代理人として解約手続をしてもらわなければならない,などと言い,解約の場合の違約金を支払うことを相続放棄された方に迫るような業者もあります。
亡くなった方の代理は法律上できませんし,相続放棄された方が亡くなった方の契約の違約金を支払う必要もありません。
このような要求をされた場合は,専門家にご相談されることをお勧めします。

相続に関して名古屋でお困りの方はこちら